ME FIRST AND THE GIMME GIMMES「Blow in The Wind」のレビュー



タイトル:Blow in The Wind(ブロウ イン ザ ウインド)

アーティスト:ME FIRST AND THE GIMME GIMMES(ミー・ファースト・アンド・ザ・ギミ・ギミズ)

概要

ご存知「NOFX」のファット・マイクや「NUFAN」「Foo Fighters」のクリス・シフレットら各メロコアバンドのメンバーが集まるメロコアカバーバンド、「ME FIRST AND THE GIMME GIMMES」の3rdアルバム。2001年3月20日発売。

今作は主に1960年代のヒットソングを中心にメロコアカバーしたアルバムとなっている。

イントロや曲中に別の往年のパンク等のフレーズが小ネタのように組み込まれ、HIPHOPの元ネタ探しのような遊びも楽しめる仕掛けとなっている。

勝手なレビュー

1曲目「Blowin' in the Wind」

泣きメロ度3 速さ4 カッコよさ4
元はボブ・ディランの1963年のヒットナンバー。こういうメロコアあるよねと言われれば信じてしまいそうなくらいカッコいいメロコアナンバーへと仕上がっている。

2曲目「Sloop John B」

泣きメロ度2 速さ2 カッコよさ3
ビーチ・ボーイズの1966年のヒットナンバーのカバー。なぜかイントロがラモーンズの「Teenage Lobotomy」になっている。元々はカール・サンドバーグという人の書いた詩だそうで民謡らしい。当時色んなバンドが演奏したらしい。つまりカバーのカバーってことか?まあメロコアってかロックカバーと言う感じ。

3曲目「Wild World」

泣きメロ度2 速さ2 カッコよさ3
キャット・スティーブンスという人の1970年のヒットナンバーだそうな。元歌をよく知らない上に、ミディアムロックナンバーとなっているので、あまり興味を惹かれない。

4曲目「Who Put the Bomp (In the Bomp, Bomp, Bomp)」

泣きメロ度2 速さ3 カッコよさ3
Barry Mann and The Halosという人の1961年のドゥーワップソングのカバー。歌い方が面白いが、それだけ。なんせ元歌よく知らないからあんまり興味が...。

5曲目「Elenore」

泣きメロ度2 速さ2 カッコよさ3
ザ・タートルズというバンドの1968年のヒット曲のカバー。何故かイントロと間奏がクラッシュの「London Calling」になっている。わけかわらん。

6曲目「My Boyfriend's Back」

泣きメロ度2 速さ2 カッコよさ2
The Angelesの1963年のヒット曲のカバー。ガールズバンドのカバーだが、普通にGIMME GIMMESらしくなっている。またしてもミディアムナンバーであり、メロコアではない。

7曲目「All My Loving」

泣きメロ度3 速さ3 カッコよさ3
有名なビートルズの1963年のヒット曲。まあ、メロコアカバーって言われればそうかな、といった感じ。普通のバンドカバー。ビートルズもバンドだけど。「The Dickies」の「You Drive Me Ape (You Big Gorilla)」をイントロで意識してるらしいが、初期パンク聞かないからよく分からん。

8曲目「Stand by Your Man」

泣きメロ度3 速さ2 カッコよさ3
Tammy Wynetteって人の1968年のヒットナンバーのカバー。確かにどっかで聞いた事あるなぁ、という感じの曲。これもロックカバーと言った感じ。メロコアはどこ行った?

9曲目「"San Francisco 」

泣きメロ度4 速さ4 カッコよさ5
Scott McKenzieって人の1967年のナンバー。イントロとアウトロが何故か「BAD RELIGION」の「Stranger Than Fiction」になっている。やっとメロコアっぽいカバーが帰ってきましたよ!コーラスもカッコいい。全部こんな感じにしろっての。間奏も「BAD RELIGION」の「Pessimistic lines」のイントロになっているが、分かりづらいって。

10曲目「I Only Want to Be with You」

泣きメロ度3 速さ2 カッコよさ2
ダスティ・スプリングフィールドの1963年のヒットナンバーのカバー。これは聞いた事ある!なんか外人の有名な女の人の歌だ(CDレビューサイトなんか書いてるくせに曲知らなすぎですいません)!これも「Fang」ってハードコアバンドの「The Money Will Roll Right In」って曲をイントロに使ってるそうな。知らん!

11曲目「Runaway」

泣きメロ度5 速さ2 カッコよさ4
これは管理人個人的に超好きだったりする、デル・シャノンの1961年発売の世界的ヒット。というかベンチャーズのインストサーフカバーの方が有名なんじゃない?原曲をパンクチックにカバーしているが、原曲に結構忠実。ギターソロとかもそのまんま。メンバーも好きなんだろうな。

12曲目「Will You Still Love Me Tomorrow?」

泣きメロ度3 速さ4 カッコよさ4
またまた来ましたメロコアカバー!The Shirellesの1960年のヒットナンバー。これはカッコいい。これには特に小ネタは仕込まれていないよう。

13曲目「Different Drum」

泣きメロ度2 速さ3 カッコよさ3
Linda Ronstadtの1974年の作品のカバーだそう。アウトロで「The Seekers」の「Georgy Girl」のメロディの口笛が入る。ちゃらちゃらちゃんちゃ、って聞けばわかる。よくCMとかテレビで聞く曲。カバー的には普通のロックナンバー。

MELOCOREPUNK.COM管理人の感想

有名なメロコアカバーバンドの3枚目のアルバム。3枚目って事で期待してると、あんまりメロコア感がなくてガッカリするが、まあGIMME GIMMESらしい音と、わけのわからないカバーに小ネタを仕込んでいるのは健在。遊び心に溢れた1枚となっている。
洋楽ファンなら楽しめるんじゃないでしょうか?

通販はコチラ

【中古】 Me First&The Gimme Gimmes ミーファースト&ザギミーギミーズ / Blow In The Wind 【CD】 ローチケHMV 1号店 540円
【メール便送料無料】Me First & Gimme Gimmes / Blow In The Wind (輸入盤CD) あめりかん・ぱい 1890円
Me First & The Gimme Gimmes / Blow In The Wind【輸入盤LPレコード】 あめりかん・ぱい 2290円