「 メロコア 」一覧

スポンサーリンク
スポンサードリンク




BAD RELIGION「all ages」のレビュー

BAD RELIGION「all ages」のレビュー

実は管理人が最初に買ったBAD RELIGIONのアルバム、コレだったの。もうぶっ飛んだね。何コレ?ヤバくね?って。 正直、BAD RELIGIONってどんなもんか、軽くサラッと聞きたいな、って人はコレ1枚で十分だね。今でもライブとかで演奏される初期の代表曲は大体入ってるし。

SOBUT「JUDGEMENT CREW」のレビュー

SOBUT「JUDGEMENT CREW」のレビュー

1995年結成の当時絶大な人気を誇ったパンクバンド「SOBUT」の2ndアルバム。1997年10月1日に、自身らが主宰する「Aaron Field」よりリリース。既に1stアルバムの「KICKIN' YOUR HEAD」でキッズから絶大な支持を得ており、このアルバムもたちまちキッズの話題を席巻した。

GARLIC BOYS「ナルシスト宣言」のレビュー

GARLIC BOYS「ナルシスト宣言」のレビュー

初版のリリースは「ROTTEN ORANGE」より1993年だが、メロコアキッズには、1997年10月5日に、7枚目のアルバム「LOVE」のリリースにあわせてジャケットが新装され再リリースされた物の方がメジャーだろう。管理人もジャケットは初版よりそちらのあのおバカなジャケ写のイメージだし。

FAT RANDY「FAT RANDY」のレビュー

FAT RANDY「FAT RANDY」のレビュー

今となってはネット上にもほとんど情報の無く、詳細は不明だが、日本のスリーピースパンクバンド「FAT RANDY」が「MEASURE LABEL」ってところの「魂/KON」というパンク部門からリリースした、バンドと同名のアルバム。1998年10月14日リリース。この一枚のアルバムのリリースのみで、その後は忽然と情報が途絶えてしまった。

NO USE FOR A NAME「The feel good record of the year」のレビュー

NO USE FOR A NAME「The feel good record of the year」のレビュー

2012年に、フロントマンのトニー・スライの突然の死亡により解散してしまった、当時大人気を誇り、今でも熱烈なファンが多いメロコアパンクバンド「NO USE FOR A NAME」(略称:NUFAN)の8枚目のアルバム。2008年4月1日、「NOFX」の「ファット・マイク」氏率いるレーベル、「FAT WRECK CHORDS」よりリリース。

難波章浩「PUNK ROCK THROUGH THE NIGHT」のレビュー

難波章浩「PUNK ROCK THROUGH THE NIGHT」のレビュー

自身11年ぶりのパンクロックソングであり、何よりその前年(2010年)のフジロックにて、メロコアアンセムと言っても過言ではない彼自身が所属した「Hi-STANDARD」の「STAY GOLD」を同バンドの横山健氏と別々のステージながら一緒の会場でお互いが演奏したという事態に、

GOOD4NOTHING「FOUR VOICES」のレビュー

GOOD4NOTHING「FOUR VOICES」のレビュー

略称は「グッフォー」。上述の通り日本のメロコア不遇の時代にじわじわと人気を得て、今では押しも押されぬ人気バンドとなっており、元は1996年結成と第1世代に属される年齢だろうが、ファン層や活動の場を考えるとメロコア第2世代と言っても良いだろう。しかし後発のバンドとは違った経歴で、

SOFTBALL「天空」のレビュー

SOFTBALL「天空」のレビュー

当時解散については噂や憶測が飛び交った。一番有力だったのが、ボーカルの「MOE」氏が「おぼっちゃまくん」や「ゴーマニズム宣言」で知られる漫画家「小林よしのり」氏に影響を受け、保守、右翼思想に傾倒し、バンドが付いていけなくなったというものだったね。

MEST「MEST」のレビュー

MEST「MEST」のレビュー

そんな2007年に、Vo、GのTony Lovato氏は、その当時の彼女の元カレを刺殺したとかで、殺人容疑で逮捕されたそうな。ハンパねぇなwww でも何かストーカーちっくな元カレだったようで、正当防衛が認められて容疑は取り下げられたそうな。

ニューロティカ「良いか悪いかは別として(笑)決定盤」のレビュー

ニューロティカ「良いか悪いかは別として(笑)決定盤」のレビュー

5月に発売されたニューアルバムが早くも8曲のボーナストラックを追加して9/20に再発売!ボーナストラックは収録曲のバージョン違い5曲と 公式盤としては初 CD 化となる名曲「五十の夜」や 2016 年に配信のみで発表された2曲も追加収録!

TILT「COLLECT ’EM ALL」のレビュー

TILT「COLLECT ’EM ALL」のレビュー

あんまり情報の無いバンドなんだけど、なぜ管理人が当時これを買って持っていたのか覚えてない。ファットレックだから、メロコアだと思って買ったんだろうなぁ。 リードボーカルのシンダー・ブロック氏はこの手のハードコア系パンクバンドには珍しい女性ボーカルであり

GOOD RIDDANCE「Operation Phoenix」のレビュー

GOOD RIDDANCE「Operation Phoenix」のレビュー

アルバムタイトルのオペレーション・フェニックス、日本では「フェニックス作戦」と呼ばれ、ベトナム戦争中の1968年から1971年にかけて、「ベトナム民族解放戦線」いわゆる「ベトコン」を殲滅する目的でアメリカのCIAが主導し、米軍と現地ベトナム人で結成された組織が行い、

COKE HEAD HIPSTERS「COME ON EILEEN」のレビュー

COKE HEAD HIPSTERS「COME ON EILEEN」のレビュー

まだミクスチャーなんて言葉が一般的でなかった90年代半ばから、スカ、レゲエ他様々なジャンルを取り入れ、当時のメロコアブームの中で一際異彩を放っていた1991年結成のパンクバンド、「コークヘッドヒップスターズ」の1stマキシシングル。 自身らの主催していた「WHIP RECORDS」より1997年5月1日にリリース。WHIP RECORDS初の音源であり、品番もWHIP-0000である。