COKE HEAD HIPSTERS「COME ON EILEEN」のレビュー



タイトル:COME ON EILEEN(カモン アイリーン)

アーティスト:COKE HEAD HIPSTERS(コークヘッドヒップスターズ)

概要

まだミクスチャーなんて言葉が一般的でなかった90年代半ばから、スカ、レゲエ他様々なジャンルを取り入れ、当時のメロコアブームの中で一際異彩を放っていた1991年結成のパンクバンド、「コークヘッドヒップスターズ」の1stマキシシングル。
自身らの主催していた「WHIP RECORDS」より1997年5月1日にリリース。WHIP RECORDS初の音源であり、品番もWHIP-0000である。
マキシとは言え、5曲入りでミニアルバムと言っても良いくらい。帯にも「SKA,RAGGAE,FUNK,DUB & PUNK」と記載があり、彼らのバンドスタイルと、ミクスチャーバンドの走りだった事が伺える。

1999年に惜しまれつつ解散したが、2007年から再始動。そしてWHIP RECORDSはその後1138(イレブン・サーティエイト)に吸収されたようで、復活後の現在は「COKEHEAD RECORDS」を設立、運営しているそうな。

そんな彼らのメロコアブーム真っ只中の有名1stマキシ、レビューです!

勝手なレビュー

1曲目「COME ON EILEEN 」

泣きメロ度3 速さ4 カッコよさ5
ご存知「Dexys Midnight Runners」の1982年のヒットナンバーのスカパンクカバー。本シングルのタイトルにもなってます、。
このカバーについて、あれ?と思ったキッズも多かったハズ。それもそのハズ、当時アメリカのスカバンド「SAVE FERRIS」もカバーして有名になっていたんですね。しかしSAVE FERRISよりちょっと発売が早いんだよね。同じ1997年ではあるんだけどさ。どっちかが真似した?それとも原曲発売15年で何かあった?管理人はよく知りませんが、とにかく同時期に日本とアメリカでどちらもパンクバンドがスカとしてカバーしたっていう、なんとも面白い展開なのでありました。おかげでこの曲、スカパンクとして認識している人が多いんじゃないかな?
カバーとしてはカッコいい!原曲とかSAVE FERRISより抑揚の無い、ハードコアちっくな歌い方でカバーしてます。SAVE FERRISと同路線だけど、まあ管理人的には、6:4で、僅差でコッチの勝ちかなぁ。

2曲目「NO MATTER WHAT YOU SAY "I'M GOING NOW" 」

泣きメロ度2 速さ4 カッコよさ3
ラップ調のAメロと、スカ、メロコアっぽいサビっていう、まぁ今で言ったらミクスチャーだよね。
この後こんな歌ばっかりやるようなカッコつけたバンドが一杯出てきたよなぁ。
あんまり管理人はこういうの好きじゃないけど、先駆者としては評価できるんじゃないでしょうか?どっかのミクスチャー的なのからZEEBRAのモロパクリやって、公開処刑されたバンドよりはね。
まずはリアルなヤツらは手ぇ叩けぇー! クラーッ クラーッ クラッ クラッ クラッ!違うね。失礼しましたw

3曲目「HERE YOUR POP FOOD 」

泣きメロ度2 速さ3 カッコよさ4
スカをベースにしつつ、時折レゲエっぽい歌い方のナンバー。
まあスカとレゲエなんて兄弟みたいなもんだからね、よく知らないけどさ。
この時期(現在平成29年8月7日21時43分)に聞きたい、気持ちの良い一曲!

4曲目「POLICE GOING DOWN(LIVE VERSION) 」

泣きメロ度2 速さ4 カッコよさ4
コークヘッドらしい、ハードコア調な一曲。
こういうパンクもやれるんだもんね。これがミクスチャーバンドだよなぁ。90年代は皆レベル高かったよなぁ。
てかパンクのジャンル分けが曖昧だったり、細分化されてなかったし、そういうバンドも少なかったから、相対的に思い出バイアスがかかって良く思えるだけなのか?いや、カッコいいから良く思えるんでしょう!

5曲目「BATMAN(LIVE VERSION) 」

泣きメロ度2 速さ5 カッコよさ4
有名な「バットマンのテーマ」を超高速パンクにしたてちゃってますよ。カッコいいけど、ライブ音源だから音質はイマイチ。
僅か1分40秒ほどで終了する、正にパンクカバーなのでした!

MELOCOREPUNK.COM管理人の感想

コークヘッドヒップスターズ、管理人的にはスカ系のパンクだと思ってたんだけど、確かに今の目で見ればミクスチャーだよね。

コークヘッド、速い短いメロディアスが好きだった管理人は、彼らのこのマキシと、次に発売されたアルバム「How Far Will You Go !?」を持ってたんだけど、なんだかあんまり聞かなかったんだよね。別にカッコ悪いとかじゃなくて、何かジャンルが違う気がしてさ。今考えれば当たり前で、メロコアじゃないんだもんね。今で言うミクスチャーだもんね。
コークヘッドはかろうじてメロコア界隈でも名前を良く聞いたし、ベースがスカパンクだったからそうは思わなかったけど、その後同じミクスチャーでも、当時売れてたからCD借りて聞いたドラゴンアッシュは「は?何コレ?何がやりてぇの?メロコアやりてぇの?ラップやりてぇの?意味わかんねぇwうはダセェw失楽園の息子www」って思ったし。まあそれが大ヒットしてるんだから、むしろ管理人の方がマイノリティである事を如実に示しているんだがwww
でもその感じた違和感は、まぁその何年か後にキングギドラとBOY-KENとか、DABOなんかがそれこそ文字通り「公開処刑」してくれたから溜飲が下がったんだけどね。さらにその十数年後に仲良くなってて笑ったけどwww

また話がズレたなぁ。いつも話脱線するね。申し訳ない!コークヘッドそのくらいしか記憶無くてさw

というわけで、ミクスチャーのカッコイイやつ聞きたいなら、変なバンド聞かずにコレ聞いて!って感じで締めます!