The Bombpops「Fear Of Missing Out」のレビュー



タイトル:Fear Of Missing Out (フィア オブ ミッシング アウト)

アーティスト:The Bombpops(ザ・ボムポップス)

概要

2007年にカリフォルニア州サンディエゴにて結成された、2人の女性フロントマンが特徴的なパンクバンド「The Bombpops」の1stフルアルバム。2017年2月10日にNOFXのファット・マイク氏率いるレーベル「FAT WRECK CHORDS」より発売。

ふくよかなブロンド美女のPoli van Dam氏と、細身で赤毛な美女のJen Razavi氏の二人がギターを持ち、メインギターとバッキング、ボーカルが入れ代わり立ち代わりとなる面白い展開の曲が多い。

昔の映像を見るとPoli van Dam氏、カワイイのに今年の映像だとまぁ太っちゃって...。
ご出産されたとの事なので、産後太りなんでしょうねぇ。しかしパンクバンドのギターとか、激しいカーチャンだなぁ。

まあそれはいいとして、バンドはフロントマンの二人は変わらないんですが、リズム隊の入れ替わりが激しくて、10年近く経ってやっと落ち着いたそうな。まあこの二人、13歳と18歳で出会って、数年後に一緒にバンドを始めたってんだから、そりゃ絆強いでしょうし、ベースとドラム探すのってただでさえ難しいのに、フロントマンが美女2人のユニットのリズム隊なんて、女性を探そうにも女ベーシストとか女ドラマーでバンド加入希望者なんて超希少種だろうし、男はスケベな下心満載で来るだろうし、そりゃそうなるだろうなぁ。知らんけど。

まあそんなんで、Poli van Dam氏の出産とか経て、色々あってようやくの今作のリリースだそうな。おめでとう、ですね。

曲調としては、カリフォルニア90年代パンクの影響を公言しており、BAD RELIGIONPennywiseNo Use For A NameStrung Outに特に影響を受けたそうな。
それってもうガチなメロコアじゃんよぉ。こりゃ期待持てるね!

というわけで、期待の新人!?The Bombpopsのレビューです!

勝手なレビュー

1曲目「Capable Of Lies」

泣きメロ度4 速さ3 カッコよさ3
爽やかなロックナンバーで幕開けです!
あれ?どこがファットレック?どこが90年代メロコアに影響受けた?まさかこの遅いのがずっと続くんじゃ?と焦りますが、大丈夫!ここは落ち着いて聞きましょう。
まあメロディラインとか楽器の音は90年代パンクっぽいですね。
はじめまして!的なナンバーなんでしょうね。

2曲目「CA In July」

泣きメロ度4 速さ4 カッコよさ5
来ました!ちょい速めな爽快メロコアナンバー!なんせタイトルも「7月のカリフォルニア」ですからね!
こりゃカッコいいわ!ギターサウンドも女性とは思えない鋭さ!正に公言通り、90年代メロコア直系のサウンドですね!


PVもライブハウスにスケーターと、まぁ正に90年代パンクの雰囲気出てるねぇ。
ていうか、アメリカじゃ日本と違ってシーンが断絶してないのか?90年代の雰囲気ってか、90年代から今も続く雰囲気って感じなのか?

3曲目「Be Sweet」

泣きメロ度4 速さ3 カッコよさ3
打って変わって8ビートのロックナンバー。まあこれもパンクっぽいよ。ファットレックだもんね。遅いけど。

なんでも「Teenage Bottlerocket」ってバンドのメンバーと2009年にホテルの一室でパーティーをしていた時に、同バンドのドラムスの故Brandon Carlisle氏が置いてあったギターで披露した曲だそうな。
当初、故Brandon Carlisle氏は自分の妻へ宛てて書いていた歌詞だったらしいが、Jen Razavi氏とその彼氏の歌に書き換えてThe Bombpopsで歌うよう提案したんだと。そしてホテルにある便箋4枚に歌詞を書きはじめたそうな。それをJen Razavi氏がずっと保管していたらしい。

Brandon Carlisle氏は2015年に突然昏睡状態に陥り、その後逝去。訃報を聞いたThe Bombpopsはその後、一緒にパーティをしていたTeenage Bottlerocketのメンバーであり実兄のRay Carlisle氏にこの歌詞の使用許可を打診。
ただ、そのパーティーの時に故Brandon Carlisle氏が歌ったメロディもコードも失念していたため、あらたにThe Bombpopsがメロディをつけて曲にしたそうな。

タイトルの「Be Sweet」は、亡くなったBrandon Carlisle氏への尊敬の念をこめて付けたという。

そりゃ遅い曲になるわけだなぁ。これでエモエモ泣きまくりのメロコアだったら、多分本当に泣いちゃって歌えねぇだろうからなぁ。


60年代っぽい雰囲気にしてて、変なソレっぽいステップ踏んじゃってすげぇ楽しそうでいいんだけど、ベース!ちゃんとやれ!指弾き出来なかったとしても弾く真似くらいしろwww
そこいくとドラムはレギュラーグリップに持ち替えて当時っぽくしてるのにちゃんと8ビート刻んでたり、クオリティの高低差が激しいぞwww

4曲目「Sweet For Sorrow」

泣きメロ度5 速さ4 カッコよさ5
おーっとぉ!いきなり泣き気味のブルージーな歪み抑え目オーバードライブギターのリフで始まったぞ!こりゃ期待高まるわ!そのリフから想像される通り、リズムは走り出したぞ!
メロディラインも歌い出しからサビまで全編泣きまくりで、ペッタンペッタン突っ走るリズム、こりゃ女版NO USE FOR A NAMEだわ!
ギターソロも良い音してんなぁ。両者入れ替わって弾くところなんか、分かりやすく例えるとXのHIDEとPATAのようだぞ!

5曲目「Jerk」

泣きメロ度3 速さ2 カッコよさ2
遅めの8ビートナンバーですね。普通です。早送り、とは言わないけど、特に感想も無いですねぇ。

6曲目「FOMO」

泣きメロ度4 速さ3+ カッコよさ4+
なーんだまた遅い曲かよ、と思ったら2バース目から突然走り出すっていう、忙しいメロコアナンバー!

しかし「FOMO」ってなんだよ、ふぉーもー?モーホー?保毛尾田保毛男か?
あれ、なんだか一部ネット上で話題になってたけど、LGBTへの嘲笑だとか言うけどさ、別に良くねぇ?
だったら志村けん氏とか加藤茶氏がコントでやってるボケ老人ネタだって、認知症を嘲笑するものだ!って騒げよ!
吉本ブサイク芸人ランキングなんて、顔で人を差別する事を推奨してる!って騒げよ!あ、終わったんだっけ?
顔とかスタイルで優劣つけるミスコンとか、顔が売りのジャニーズAKBといったアイドル連中も叩けよ!

そもそも多様性とか言うならさ、オカマは嫌い、レズなんて勿体ない、ゲイに好かれたら気持ち悪い、なんて感情だって認められるべきだよね?
LGBT当事者が嫌な思いをしたらそれは悪で、健常者?ノーマル?ノンケ?何て言うの?そういったマジョリティが嫌な思いをしてもそれは差別だから我慢しろ、なんておかしいでしょ。
最近良く聞く人種差別だの障害者への偏見だの男女間の格差だのポリコレ的な話、当事者はそこまで気にしてなさそうなのに、ぶんぶんポリコレ棒を振り回して周りを叩きまくるやつが多すぎてうんざりするよね。
そうなりゃ反動で、行きつくところはアメリカだったらトランプ大統領、日本だったら安倍総理と10代20代の若者の右傾化、欧州じゃ極右政党の大躍進、なんてとこになっていくよね。

「ニセモン野郎にホモ野郎」「そのオカマみたいな変なの」って歌ってオリコンチャート6位までいったのに即発売停止、回収騒ぎになった超有名HIPHOPグループ「キングギドラ」の「ドライブ・バイ」ももう15年前か。そう考えると大分前からこの問題あるんだな。

だいたい管理人だって知り合いにゲイくらいいるよ。別にそれでバカにしたり避けたりしないよ。ただ、そいつは何も言わないけど、もし変な思想とか押し付けてきたら避けるし拒否るよ。そういう話でしょ?
3.11の原発事故の後、別に避難しなくてもいい千葉辺りから沖縄とかに逃げたヤツ多かったけど、そういうヤツに「お前東京にいたんじゃ被爆して死ぬぞ!一緒にデモやるぞ!原発反対!安倍は独裁者!」なんて押しつけられれば皆うんざりして眉をひそめるし、「テメェいい加減にしろ!一人で勝手に逃げてろよ!」って立ち上がる普通の人も出てくるよ。それと同じじゃない?

しかし洗剤とか消臭剤の宣伝じゃ、盛んに「男はクセェ 男は臭う」ってやって男をゴミ扱いだけど、別に問題になんないよね?
高級ブランドのアクセサリーとかオネーチャンに買ってあげると、なぜか店員は男に商品を渡してくるよね?
よく言われる映画とかガソリンスタンドのレディースデー?アレいいの?
こういうのにもポリコレ棒持って闘いにいけよ!自分たちに都合の良い差別はガン無視かよwww
人権問題にお詳しい中国人アグネスチャンが、中国のチベット弾圧とかにはダンマリなのと同じじゃねーかw

...また政治的な話になっちゃったよ。パンクのレビューなのに、管理人の思想が左じゃなくてごめんね。はいこれで800円、って、あの政治的な記事書くと800円貰える問題、左翼が圧力かけて潰してるみたいね。まあ何でもいいけどさ。
その「FOMO」、正にこのアルバムタイトルの「Fear Of Missing Out」の略で、日経トレンディによると、

SNS先進国である米国のメディアでは最近、“FOMO(フォーモー)”という耳慣れない言葉が頻繁に登場するようになった。FOMOとは、fear of missing outの頭文字を繋いだ略語で、「見逃してしまうことへの恐れ」、または「取り残されるかもしれないということへの恐れ」を意味する。メディアで、FOMO addiction(依存)と表現されることもある。

米国ではすでにSNS依存症の正体を、人々のこうした「機会損失に対する不安心理」に絞り込んでいるということなのだろう。

だって。

よくいるよね、他人が誰と遊んだとか、誰と一緒に居たとかやたら気にするヤツ。最近はSNSのせいで、そういうヤツ生きた心地しねぇだろうなwww
朝起きてFacebook見たら、「○○さんが写真を投稿しました。一緒に居る人、△△さん、××さん他5名」なんて出てきたら、普通の人だったら「ふーん、楽しそう。(いいねポチッ)」で終わるところを、「何で私に連絡が無いんだ?何で△△が居るんだ?」なんて気になって気になってしょうがないんでしょ?バカみてぇ。

まあ歌詞の内容はわかんないけど、そういう事みたいよ、「FOMO」って。
90年代パンクに影響を受けてるのに、歌ってる事はイマドキだなぁ。


2017/11/30追記 PV公開されました。まあ外人のパーチーは楽しそうだことw
てかギターのPoli van Damちゃん、ゲロ履いたり乳首つままれたりケツまで出してるけどwww
てかこれ、最後に額に「FOMO」って書かれてるけど何だ?写メ撮ってインスタとかフェイスブックばっかり投稿してないで、今その場を楽しめよ、って事か?あ、わかった!酔いつぶれちゃって、その間に起きた事を知らないなんて可哀想w後でSNSでもチェックしてなwwwって意味を込めたのか?
で、ちょっと歌詞を翻訳したけど、まあそんなに深い事は歌ってなさそう。
何でも知りたい、友達の自慢もクソみてえなソファーで寝てても。だからウチへ帰れないよ。二日酔いだよ。それがFOMO。みたいな事だね。違うか。
でも良いなぁアメリカは。ポリコレが行き過ぎてる国のくせに、こういう乱痴気騒ぎして水パイプ吸ってたり、額にチンポコ書いたりしても問題になんないんだもんなぁ。
ホント、たかだか歌詞でホモって言っただけでポリコレ警察が騒ぎ立てる日本とは違うよねぇ。あんなの「何が悪い!」って開き直っちまえばいいのにさ。あ、でもKダブシャイン氏は開き直って「もっと売れたハズなのに残念」とか言ってたような。

7曲目「I Can't」

泣きメロ度3 速さ4 カッコよさ4
ハードコアちっくなスピードナンバー。
「アカーン、アカーン」って宮川大輔かよwww
最後「ヴァーーーー」とか叫んだはいいけど笑っちゃってるしw楽しそうwww

8曲目「Watch Me Fold」

泣きメロ度5 速さ4 カッコよさ5
再び来ました女版NUFAN!カッコいいメロコアナンバーです。
グッとシリアスな展開がカッコいい!
しかし本当90年代メロコアの影響強いなー。元メロコアキッズの管理人はすげー自然に聞いてられるもん。


なんかJen Razavi氏、前髪トランプ大統領みたいじゃねwww 流行ってんのか?w

9曲目「Forever Since」

泣きメロ度3 速さ2 カッコよさ2
打って変わってバラードちっくなナンバーですよ。興味ねぇなあ。
女性二人だから、本来ならこんな曲ばっかでもおかしくないんだから、ここは我慢我慢www

10曲目「Brake Lights」

泣きメロ度3+ 速さ4 カッコよさ4
再びハードコアちっくというか、モロハードコアな歌い出しから始まるスピードナンバー。
でもサビはキレイなメロディっていう、ギャップ萌えな一曲。
悪くはないけど、他の良曲に比べたらまぁ、それなりかな。

11曲目「Marry. Fuck. Kill.」

泣きメロ度4 速さ4 カッコよさ5
再び女版NUFANな泣きのメロコアの登場だ!ってもハードコア要素が強めだけどね。
本当カッコいいんだけど。コーラスもソレっぽいし、これを女性2人のフロントマンのバンドがやっちゃうっていうね。
ギターソロなんかもモロそれっぽいじゃん!ソロの後のスローダウンは要らないけどね。でも良い!

12曲目「All In A Day's Lurk」

泣きメロ度3 速さ3+ カッコよさ3
最後だから遅めの曲で終わるのかなぁ、なんて聞いてると2番からツタツタビートのメロコアになって突っ走る!
まあその高速ドラミングもすぐ終わっちゃうんだけど、「アタシ達メロコアバンドなんだよ!」っていうアピールにも感じて微笑ましいね。

MELOCOREPUNK.COM管理人の感想

いやーカッコいいですね!日本人大好きなガイジンオンナが二人で歌ってくれちゃって、しかも王道メロコアパンクロックですよ!!

2007年に結成されて、ずっとメロコアバンドにあこがれて、影響されて、活動休止やメンバーチェンジを繰り返し、10年もかかっちゃったけど夢が叶ってFATからCD発売っていう、まさにアメリカでのメロコア第2世代のバンドですね!
メロコア文化は脈々と受け継がれていってるんだねぇ。

ところで何で管理人がこのバンドに興味持ったかって言うと、正にファットレックのtwitterなんだよね。
お、なんか良さげな女性メンバー在籍バンドがいるぞ?音聞いてみよう。ってなってYouTubeで聞いたらゴリゴリのメロコアじゃん?これはCD買うしか無い!って思うよねwww


正直このtwitterの画像見た限りでは期待してなかったんだよね。ちょっとロカビリー入ってそうなルックスじゃん?この写真。こういう女性ボーカルのサイコビリー系とか多いし。サイコビリー嫌いじゃないけどさ。
で、まあ聞いてみるか、って思って大正解!ゴリゴリのメロコア、スケートパンクでしたよ!ってね。

このCDの前にもEP盤をリリースしてるみたいなんだけど、YouTubeで聞く限りそちらも泣き泣きエモエモなメロコアで、欲しいんだよね。ただ、日本じゃ中々売ってないっていうね。まあYouTubeでフル尺で聞けるんだけど、それじゃ音楽ファンとしてダメでしょう、てかマナー的にどうなの?ってさ。
でもそんなに好きでもない、ちょっと聞いてみたいなぁ、ってアーティストなり曲なりだったら、YouTubeにあればそれで済ましちゃうもんなぁ。本当CD売れない一因にはなってるだろうね。
あ、でも結局そんなん無くても、ちょっと聞きたい、別に金出すほどでは無い、ってレベルならツタヤとか友達から借りるとか、FMラジオを録音するとかで済ますか。YouTube有っても無くても同じか。
いや今回はむしろYouTubeで聞いたから「買おう!」って思えたわけで、そういう場合は有った方がいいのか!なんかもうワケ分かんなくなってきたぞwww

バンドの話に戻そう!
いやこの佇まいが良いよね。アメリカのバンドって感じでさ。
ギターの女子二人が、結構低くギターを構えてて、ソロとかブリッジミュートだと弾きにくいのか、そういうフレーズは足を開いて上半身をかがめて、それでもしっかり弾けちゃうんだから、手足長い外人ってやっぱサマになるよなぁ。
スネイルランプとかベース下げてたけど、弾けてなかったもんね。元ロリータ18号のエナポゥもトレードマークのフライングVをかなり下げてたけど、手が届かないのかピッキングはネックの付け根あたりだったもんな。まあ彼女はそれがカッコよかったんだけどさ。
元THE MAD CAPSULE MARKETSのギタリストのISHIGAKI氏はBANDやろうぜか何かの雑誌のインタビューで、”本当は低く構えたいけど、演奏を考えるとそうもいかない”みたいな事言ってたもんなぁ。
みんなパンクの人達、ギターとかベースの位置で悩むよね。レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジとか、ラモーンズがギターを低く構えてカッコよかったのが全ての元凶!www
お陰で手足の短い日本人パンクギタリストにおける、ギターの構える位置問題は続くのでしたwww
いっそ開き直ってサンボマスターとかガガガSPみたいに、バタヤンばりに胸あたりまで上げちゃうのもアリか?いやダサいか。

しかしパツキンの方の女性(もはや名前が難しくて書く気も無いw)さ、おそらく産後太りなんだけど、カッコいいよな!
こういうのパンクで出てきたとか、ヤバイね。ハスキンの「Suolo」のジャケットも、そういうの狙いたかったんだろうけど、産後太りのママさんがそのまま堂々パンクロック、これに敵う女のカッコよさ無いよ。ポリコレ連中に何言われようとこれは女性的にもパンク的にもカッコいいだろ!
このPoli van Dam氏(もう名前コピペしたw)の妊娠発覚で、バンド活動を休止せざるを得なかったらしいんだけど、それがかえってバンドメンバーの結束を強めた、みたいな事も書いてあるんだよね。

上記のtwitterのリンク先、まさにPoli van Dam氏のインタビューなんだけど、なんか翻訳サイト経由だからおぼろげにしかわかんないけど、「ママさんパンク頑張ってます!子供のおかげで太ったけど視点が変わりました!パンクバンドは息子のオジさん、オバさんです!」って事みたいね。

I mean, you’re not punk until you have a car seat in the van on tour, right?

ってよくわかんないけど、息子をツアーとかライブとかに帯同してっちゃってるけど、ツアーのバンに座席を確保するまではパンクじゃないぜ!って事?よくわかんねぇけどカッコいいね。
つまりママだってパンクロックだぜファック!息子よパンクだぞテメェファック!って事ね。←チガウッテ

日本の女性パンクスも頑張って欲しいなぁ。

The Bombpopsのみなさん(公式サイトより)

っつーわけで、The Bombpops、新世代メロコアバンドで女性ボーカルっていう、人気の出る要素しか無い雰囲気に塗れてるんで、是非チェックしてみてください!絶対気に入るから!
ハイスタのギフトもそろそろ聞き込み過ぎて、次が聞きたくなった頃じゃない?www
オススメです!