SOBUT「JUDGEMENT CREW」のレビュー



タイトル:JUDGEMENT CREW(ジャッジメント クルー)

アーティスト:SOBUT(ソバット)

概要

1995年結成の当時絶大な人気を誇ったパンクバンド「SOBUT」の2ndアルバム。1997年10月1日に、自身らが主宰する「Aaron Field」よりリリース。

既に1stアルバムの「KICKIN' YOUR HEAD」でキッズから絶大な支持を得ており、このアルバムもたちまちキッズの話題を席巻した。

前作「KICKIN' YOUR HEAD」のレビューはコチラ

SOBUT「KICKIN' YOUR HEAD」のレビュー
1995年結成のパンクバンド「SOBUT」の1stアルバム。1997年7月21日に自身らが主宰するAaron Fieldよりリリース。当時わずか5日で制作したという作品だが、メロコア全盛となりはじめた時代にマッチしたサウンドと彼らのキャラクターで瞬く間にヒットとなり、15万枚を売り上げたという。

今回もCDの帯には中々なパンチラインが書かれており、

奴等のPUNKにゃキマリ事なんかねぇ!(ANIKI HARA)

とある。

しかしさ、これだけ知名度あって売れたんだろうに、ネット上に全然情報が無いのね。
有名なくせにあんまりにも情報が無いから、普段は見ないんだけど、他のサイトとかじゃどんなレビューしてんのかなぁ、って検索したけど、それすら全然ねぇwwwなんで?

まあメロコアのレビューサイトなんてあんまり無いし、あってもサラッとしか書いてなくて、ウチみたいに1つのCDレビューを何千文字も書いてるようなとこ無いもんなぁ(自画自賛)。
まあ曲の紹介は少ないボキャブラリーのせいで、同じような表現ばっかですけどね。レビューとは名ばかりで脱線した話題ばっかりだよねぇ。申し訳ない。
1日数十人の方に訪れていただいてますが、本当読んでいただいてありがとうございます!

メロコアって、ネットが普及する直前で終わっちゃった文化だからだと思うんだけど、本当に情報が無いよね。アメリカのバンドだと、どのバンドも結構詳しくwikiとか書いてあるけど、日本だと全然。
そもそもこれだけ有名で、当時のキッズのカリスマと言っても過言ではないSOBUTなのにwiki、無いんだよね。

もうねぇ、日本のバンドのレビューはいつも記憶が頼り。っても当時10代だし、ほとんど忘れちゃってるけどねぇ。

また話が脱線しちゃったけど、そんなんでこの「JUDGEMENT CREW」、メロコアシーンもSOBUTも一番ノリノリだった頃の、最高の音をレビューです!

勝手なレビュー

1曲目「TAKE YOUR POSITION」

泣きメロ度4 速さ4 カッコよさ5
いきなり期待を裏切らない男くさい高速パンクロックが炸裂です!
基本的に前作「KICKIN' YOUR HEAD」の感じを踏襲した風だけど、ギターがかなりハイスピードにバッキングしてるよね。音的にもザリザリ感が増してる。まあこの辺は好みがわかれそうだけど。
カッコいい!

2曲目「JUDGEMENT CREW」

泣きメロ度4 速さ5 カッコよさ5
さあタイトル曲でもあり、超有名曲ですよ!

誰だ?「ジャッジメントですの!!」とか言ったヤツはwwwちょっとあのアニメの世界観とイメージ被るけどな、って管理人だけかな。
てかさ、今そのネタ書こうと思って「レールガン」って打ったら「超電磁砲」って変換されたんだけど、何なの?メジャーな言葉は当て字でも出るの?マジ最近ウチのMS-IME怖いwww
おかげで書こうとしたネタが飛んだわwww

いや話しがズレた!いつもか。

曲はハードコア調のメロディラインに高速パンクロックビート!
サビ、ってかどこがサビかよくわかんないけど、テンポダウンするけど、それすら程よい緩急の付け方って感じで良いね。
名曲なんじゃない?

3曲目「KNOW」

泣きメロ度3 速さ5 カッコよさ3
ハイスピードナンバーが続きます!
前作と同じように、どこ歌ってるかちょっとよくわかんないハナモゲラ英語は健在ですが、これ、当時のメロコアバンドみんなそうだったからね。もうこういうスタイルと捉えようwww
キャッチーだけど、前2曲が良かったから、霞んでる感じのナンバー。

4曲目「HANGING OUT BRATS」

泣きメロ度5 速さ4 カッコよさ5
8ビート以上2ビート未満みたいな、程よい速度のメロコアナンバー。
いかにも90年代な感じのギターリフで始まるイントロに、キャッチーで爽やかなメロディライン、程よい速さのドラムで気持ちよくノレる一曲!

5曲目「ARE YOU NERVOUS?」

泣きメロ度4 速さ4± カッコよさ4
これも有名曲だよなぁ。結構そこかしこで当時聞いた気がするぞ。
ベースラインが印象的なイントロから変拍子的にツタツタビートへなだれ込む感じ、カッコいいなって思ったよね。
中盤Cメロみたいなとこから♪Strike it Rich oh yeah!って叫んでテンポ戻すとこなんか当時鳥肌立ったよね。

6曲目「DOG SIGH」

泣きメロ度2 速さ5- カッコよさ3
ツタツタビートってか、もうそのまま文字通りツタツタビートがメインとなるハードコアナンバー。
途中で大幅なテンポダウンする箇所があり、その辺はアメリカのバンドとか、後年出てきたミクスチャーバンドっぽさあるね。
まあこういうの好きな人は良いかも知れないけど、管理人は泣きの速いSOBUTが好きだなぁ。

7曲目「BICYCLE」

泣きメロ度2 速さ1 カッコよさ2
なんだろう?何ていうのこういう曲。ベースラインとクリーンギター、リムショットで進んで、サビは60年代のアメリカみたいな。
インターミッションみたいなもんかな。

8曲目「DAYLIGHT」

泣きメロ度4 速さ5 カッコよさ4
SOBUTの真骨頂ともいうような、超高速パンクロックだ!
ツタツタビートで突っ走るのはカッコいいんだけど、カッコいいだけに、50秒ちょっとで終わるのはガッカリって感じだね。

9曲目「WALKIN´ IN MY SHADOW」

泣きメロ度4 速さ3 カッコよさ4
普通なテンポの8ビートロックナンバー。こりゃ一般ウケ狙いな感じかなぁ。
キャッチーなサビと、サウンドはSOBUTの音で、悪くは無いよ。
途中の転調は80年代ちっくな感じしたよね。

10曲目「LIFE IS LIKE THE AMOUNT OF SALT」

泣きメロ度3 速さ5- カッコよさ4
再びツタツタビートで走りだす!Aメロからは8ビートだけど、もともとが高速ツタツタビートだから、テンポが落ちた気がしないよね。ホントこういう曲展開よくやるアメリカのメロコアバンド達も見習った方が良い。
サビはツタツタで突っ走って、ヤバイね。カッコいい。たださ、ここまで持ち上げたけど、途中の遅いところは要らないねwww

11曲目「NO SURPRISE」

泣きメロ度4 速さ4± カッコよさ3+
ちょいエモい感じのメロディと、耳に残るギターのバッキングが印象的なナンバー。
イントロは8ビートだったり、Aメロからカッコよく2ビートだったり、またサビはテンポダウンしたり、忙しい曲。
正直前曲のレビューでの指摘事項をこの曲に当てはめたいわwwwサビは加速してくれよ!
それ無きゃ良いメロコアなのに。

12曲目「FORBIDDEN WORDS」

泣きメロ度2 速さ4± カッコよさ3
これもいかにも「SOBUT」って感じのハードコア調ナンバー。
サビのテンポダウンがこの曲はダメだねぇ。今までがカッコよかったから、どうしてもテンション半減って感じだよ。

13曲目「FREEZE OR PLEASE」

泣きメロ度5 速さ4 カッコよさ5
これはさぁ、隠れた名曲なんじゃないの?
管理人は、SOBUTで好きな曲って言ったら、「7SONGS」収録の「PRESSURE」とタメ張るくらい好きかもしれんwww
キャッチーなのにちょっと哀愁系で、程よい速さのメロコアパンク。これはSOBUTしか出せない音だよね。
これはカッコいい。オススメ!

そういやアメリカであったよね。フリーズとプリーズを間違えた、みたいな日本人高校生射殺事件。
あの事件もちょうど90年代だよね。

MELOCOREPUNK.COM管理人の感想

さあ帯のフレーズ「SOBUT セカンド ”JUDGEMENT CREW” 疾走の全13曲」に偽りなしな、25分を初期ソバットのハイスピードサウンドが駆け抜ける!って感じの1枚なのですが、これも当時聞いたよね。
レコードじゃないけど、針ですり減って、サ行がかすれるくらいになるんじゃないか、ってくらい聞いたよ。

結構久しぶりに今回聞いたんだけど、やっぱ勢い感じるね。90年代を代表するパンクバンドって言っても良いと思うよ。
この音のカッコよさに加え、ホントYOSHIYAはじめメンバーもカッコよかったもんな。アイドル的人気があったのもうなずけるよ。
当時思ったんだけど、まあパンクには間違いないんだけど、メロコアって言われるとどうなの?って感じだけど、メロコアはなんか、今風に言うとチャラい印象だったけど、ソバットは完全に硬派って感じだったもんね。

あー懐かしいなぁ。

ちなみに現在も「SOBUT」として活動中で、HIDE氏こそいるけど、YOSHIYA氏とMOTOAKI氏は別で音楽活動してるし、この頃のSOBUTはキッズの心の中の思い出として輝き続けるのね(なんかキャラ変わった)。

という訳で、90年代の全盛期の炸裂した音を聞きたい人は、この「JUDGEMENT CREW」と、前作「KICKIN' YOUR HEAD」を一緒に買って聞くといいよ!
あの頃を思い出したい元キッズ達も、秋の夜長、聞いておセンチになるのも一興!

前作「KICKIN' YOUR HEAD」のレビューはコチラ

SOBUT「KICKIN' YOUR HEAD」のレビュー
1995年結成のパンクバンド「SOBUT」の1stアルバム。1997年7月21日に自身らが主宰するAaron Fieldよりリリース。当時わずか5日で制作したという作品だが、メロコア全盛となりはじめた時代にマッチしたサウンドと彼らのキャラクターで瞬く間にヒットとなり、15万枚を売り上げたという。