The★Ataris/USELESS I.D.「Let it burn」のレビュー



タイトル:Let it Burn(レット イット バーン)

アーティスト:The★Ataris(ジ・アタリス)/ USELESS I.D.(ユースレス・アイディー)

概要

インディアナ州アンダーソンにて1995年に結成されたパンクバンド「The★Ataris」と、1994年結成のイスラエルのパンクバンド「USELESS I.D.」のスプリットアルバム。2000年4月11日、「The Vandals」の主宰する、「KUNG FU RECORDS」よりリリース。

どちらのバンドも意外と新しい時期の結成なんだね。後発と言うか。だからなのか、当時でもマニアックだったような気がするね。

で、このスプリット盤の経緯は、元々The★Atarisが、B面や溜めていた曲をアルバムにしリリースしようとしたが、アルバムには尺が足りず、友人関係であったらしい(The★Atarisが曲を聴いて目を付けた?)USELESS I.D.とスプリット盤にする事を思い立ったそうな。
そのため彼らのツアーに参加したり、アルバムリリースを手伝ったりしたそうな。
きっとThe★Atarisが彼らを気に入って、世に出してあげたい、って思いもあったのかもしれないね。
そんなこんなでこのアルバムリリースが切っ掛けとなったようで、USELESS I.D.は翌年KUNG FU RECORDSと契約、なんと現在ではFAT WRECK CHORDSと契約してるという!
wikiによると、「世界で最も成功した中東のパンクバンド」とも言われるそうな。ヘブライ語表記だと「יוסלס איי.די」だそうな。読めねぇよw

The★Atarisの方はというと、2003年にKUNG FU RECORDSとの契約が切れ、コロンビアレコードと契約。まあ平たく言うとメジャーデビューですね。
しっかしこの人たちすごいメンバーチェンジしてるんだけど。過去メンバー19人もいるぞwww
この後の活動とかわかんないけど、2007年のアルバムがビルボードチャートにチャートインするなど、まぁまぁアチラじゃ売れてるみたいよ。

そんな日本じゃイマイチ知名度が低かった二つのバンドのスプリット盤、はたしてどんな感じなんでしょうか!早速レビューです!

勝手なレビュー

1曲目「The Radio Still Sucks / The★Ataris」

泣きメロ度3 速さ4- カッコよさ4
力強いパワーポップ的なポップパンクで始まりましたよ!ってちょっと待て!30秒で終わっちゃったよwww

2曲目「Song For a Mix Tape / The★Ataris」

泣きメロ度4 速さ4 カッコよさ4
続きましても、ちょっとテンポは上がったものの、ポップパンクですね!まあ、メロコアのくくりでもいいかな。
なんて考えてるうちに、これも30秒で終わりやがったwww
そりゃ尺が足りなくてスプリット盤にするわけだw

3曲目「P.S. The Scene Is Dead / The★Ataris」

泣きメロ度2 速さ3 カッコよさ3
ポップに始まったと思いきや、突然ハードコア調になったぞ...あれれ?オイ!!!
これも30秒で終わっちまったw何やってんだよwww

4曲目「Blue Skies, Broken Hearts, Next 12 Exits / The★Ataris」

泣きメロ度 速さ カッコよさ
ちょい哀愁漂いつつ、爽やかさも感じられるロックナンバー。っておいおいおい!!
これも30秒かよ。ヤル気あんのか?もうちょっと作りこめやwww
こういうコンセプトなの?この人たちって?よく知らんけど。

5曲目「Let It Burn / The★Ataris」

泣きメロ度5 速さ5 カッコよさ5
タイトルソングきましたねぇ。おーっと、スティックのカウントから入って、ツタツタビートじゃないの!
サビ泣いてる!泣いてるよぉう!!!いいじゃんいいじゃん!やりゃぁ出来んじゃねぇかw
ちょっと重厚感もありつつの、泣きメロと疾走するツタツタビート、そりゃタイトルソングだもんなぁ。これまで30秒で終わったらリスナーキレるって。と思ったら後半はガッツリテンポダウンしてそのまま終了。でもまぁ、このスピードじゃこの終わり方でもまあ、許すかな、って事でオール5出ました!

6曲目「How I Spent My Summer Vacation / The★Ataris」

泣きメロ度2 速さ3 カッコよさ3
あれ?前曲で力を使い果たしたんでしょうか?重厚だけど爽やかなポップナンバーですよ。さすがに30秒じゃ終わらないけど、むしろこんな曲こそ30秒で済ませてもらいたいものです。

7曲目「On With The Show / The★Ataris」

泣きメロ度4 速さ3+ カッコよさ4
最初一瞬ツタツタビートで期待したら、すぐテンポダウンしちゃったよ。ガッカリして聞いてると、サビでまたスピードアップという、中々忙しい曲。
途中どうしたの?ってくらい穏やかな雰囲気になっちゃって、あやうく寝そうになったぞ。
加山雄三の「君といつまでも」かと勘違いしたじゃねーかwww
しかしそこから徐々にスピードアップ、ラストのサビでツタツタ突っ走る!

しかし声高くね?コーラスもなんだか中途半端ってか、音程は取れてるけど、下手じゃね?www

8曲目「San Dimas High School Football Rules (Acoustic) / The★Ataris」

泣きメロ度4 速さ1 カッコよさ2
なんだかアコースティックの弾き語りナンバー。しかもボーカルの音クッソ悪いんだがwww何だコレ?
これをツタツタビートでやってくれれば、良メロコアになるのになぁ。もったいない、なんて思ってたら、元曲はツタツタまでいかないけど、テンポ速い曲なのね。そうかB面とか溜まってた曲で作ったアルバムだったもんな、忘れてたよ。

9曲目「Too Bad You Don't Get It」

泣きメロ度4 速さ4+ カッコよさ4
さあここからUSELESS I.D.のターンですよ!
おーいきなり突っ走ったねぇ。ってお前も30秒で終わるんかいwww
しかもボリュームを揃えろやwいきなり音デカくなってビビったぞ。

この曲は、同年FAT WRECK CHORDSからリリースされた、「Short Music for Short People」っていう、短いメロコアが99曲(!)も入ったコンピ盤にも収録されたそうな。サクセスストーリー始まったね!

10曲目「Questions And Answers」

泣きメロ度5 速さ5 カッコよさ4
おー続きましても走ってるねぇ!いいよいいよ!
イスラエルもパンクシーン熱いのかな?

後年ファットレックと契約したのも納得できる、スピードパンクナンバー!
どことなく漂う哀愁メロディは、イスラエルという政情の不安定さも関係してるのか?なんて考え過ぎか。
ただ、あんまりギターの音よくねぇな。

11曲目「Run」

泣きメロ度3 速さ3 カッコよさ2
なんだか遅めな、ハスキンみたいなロック調ナンバー。
タイトルで賽銭箱から釣銭もらいたくなりそうになるが、全く関係ありません。

12曲目「Timer To Move On」

泣きメロ度3 速さ4- カッコよさ4
おーこれも走るねー!しかもこのスピードでもちゃんと聞こえてきて、ちょいちょいオカズも入れてるライドシンバルの音すげぇね。疾走感に一役買ってるよ。バスドラもちゃんとダブルで踏めてる上に、むしろ食い気味で踏んでるし。ドラムの人上手いんだろうなぁ。
たださぁ、イスラエル人もこのサビでテンポダウンやるんだー。良い曲かと思ったのにそこだけガッカリだぜ。
ただその遅いときもドラムが結構頑張ってる。ちょっと良いかも、このドラマー。
イド・ブロースタインさんっていうらしいけど、残念ながら2004年に脱退したそうな。残念!

13曲目「Have A Nice LIfe」

泣きメロ度3 速さ3 カッコよさ3
哀愁ただようちょっと早めなポップパンクナンバー。
なんだかこのバンドギターがうるせぇんだよなぁ。あんま音良くない上にさ。
これも良く聞くとドラムの音が目立ってて、いろんな手数入れてるな。絶対上手いよこのドラマー。

14曲目「Lost Once Again」

泣きメロ度5 速さ4- カッコよさ4
またまた疾走感溢れるスピードパンクナンバーですよ!サビでテンポダウンするんだけど、なんだかこの曲は気にならないなぁ。
しかも何か切ないんだよねぇ。泣きメロとはまた違った哀愁を感じさせるよ。
結構いいかも!USELESS I.D.って。
しかしこれも結構なスピードなのに、ドラムが正確!

15曲目「Not To Wait」

泣きメロ度4 速さ4- カッコよさ4
おーこれもカッコいいなぁ。ツタツタスピードパンクナンバーですね!
ドラムがどっしり安定してるから、落ち着いて聞いてられるね、何て思ってたらサビで曲も落ち着いちゃったよ!
なーんだ結局コイツらもサビでテンポダウンしてサボる系かよ。
まあこのドラミングでずっと突っ走るのは疲れるだろうけどさ。
BAD RELIGIONの前のドラマーも、X JAPANのYOSHIKI氏も、速いのを打ち続けるドラマー、みんな体壊すもんな。しょうがないか。

16~95曲目 無音

泣きメロ度0 速さ0 カッコよさ0
こんなのあり?4秒の無音トラックが16~95まで続くんだぜ?ワケわかんねぇよ。

96曲目「Something」

ちゃんと16曲目としてクレジットされてるくせに、ボーナストラック風になってて、しかもトラック96って何だよwww
曲はアコースティックの弾き語りなんだけど、まるで音楽室のラジカセで録音したような音質だし、途中「ブツッ」とかノイズ入るし、ヤル気あんのかwww「けいおん!」じゃねぇんだぞwww

そういや「けいおん!」からもう8年経つんだなぁ。レスポールがバカ売れして、何より左利き用のジャズベースがフェンダーから出荷が追い付かない、なんて話題になったよね。早ぇなぁ。
あの時楽器とかバンド始めた中高生、今何してんだろうなぁ。豊崎愛生氏も結婚したし、時は過ぎていくね。

しかしあのアニメ、なんであんなにオタク以外にも流行ったんだ?オレ達みたいな音楽好きがハマるのはまだわかるけどさ。
まあ確かにのほほーんとしてるわりに楽器の描写とかがリアル過ぎてて面白かったけどね。
あ、USELESS I.D.関係なくなっちゃったwww
というわけで、汚い音質のまんま終了です!

MELOCOREPUNK.COM管理人の感想

えーと、まず最初にも説明したんだけど、中ジャケにその注意書きが書いてあるんですよね。

FIRST OFF,THE IS NOT THE ATARIS NEW RECORD!!!

だって。そのあともダラダラ前述のUSELESS I.D.とスプリット盤にするに至った経緯が書いてあるんだけど、その裏ジャケというか、CDが入るところの写真、ボロボロの赤地の国旗で、真ん中に中抜きの☆がマークされてるんだけど、何だろう?ベトナム国旗じゃないよね?

てか☆マーク、どんだけ好きなのよ。バンド名はもとより、ジャケットにも☆書きまくりだぜ?
あ、アルバムタイトルの「Let it burn」の下地はアメリカ国旗柄だ。やっぱりなんだか政治的意図があるのかな?
中ジャケになんだか色々書いてあるんだけど、英語な上に手書きだからワケ分かんねぇwww本当英語わかるようになりたいね。そうすれば、もっと深いところまでアメリカのメロコアを楽しめるんだろうけどなぁ。

というわけで、あんまり日本じゃ馴染みの無かった両バンドのスプリット盤、まあ、マニアの方でまだ聞いてないなら聞いてみてもいいんじゃないの?

どちらもまだ活動してるみたいなんで、新譜もチェックしてみようかね。

秋の夜長にメロコア、いいもんですね。