MOGA THE \5「未完全論」のレビュー



タイトル:未完全論

アーティスト:MOGA THE \5(モガ・ザ・ファイブエン)

概要

1995年結成、2011年解散の大阪のパンクバンド「MOGA THE \5」の2ndアルバム。PIZZA OF DEATH RECORDSより2001年1月17日リリース。
公式サイトによると、

「よいメロディーで曲は短いほうがいいな」を合言葉に結成。

との事で、本人達もメロコアを意識していただろうし、当時メロコアブーム前夜だったことや、まだエモという言葉が一般的でなかったため後発メロコアバンドのイメージが強いが、速いテンポにかなりエモいメロディで、今ならエモコアの分類にされそうな感じである。

全曲日本語タイトル、日本語詞であり、歌詞も詩的で、従前のパンクバンド、メロコアバンド達が歌っていた反体制や政治的メッセージや自己批判、内省などとは一線を画し、かといって青春パンクのような湿っぽさとも違う独特のメロディックパンクである。
なのでメロコアからエモ方面へベクトルの向いた、エモメロコアとでも言うべきでしょうかね。

2001年というメロコア的にはハイスタ解散ですっかりシラケた中途半端な時期にリリースされた本作、レビューです。

勝手なレビュー

1曲目「欲情に噎ぶ」

泣きメロ度5 速さ4 カッコよさ4
いきなり何て読むんだよぅ。ググるぞ。むせぶ、咽ぶ、なのね。
HUSKING BEEとかeastern youthとかもそうだけど、エモいバンドっていちいち難しい漢字使うスタイル何なん?まあエモさを追及するとそういった日本語表現になるのは仕方ないのか?日本語ってスゲエ言語だもんなぁ。でも単純な言葉なのにグッっとくるフレーズを作る方が難しい気がするんだけどなぁ。ニューロティカとかその辺秀逸なんだよなぁ。まあ歌作った事も無い管理人の戯言なんだけどさ。

あ、曲的には歌詞の何だか詩的な感じはまぁ抜きとして、メロディ的にはエモいし、ドラムは速いし、結構カッコいいよ。
この展開で攻めてけば、もっと評価高かったんじゃないの?って書くと、この後大した曲出てこねぇんだな、って思うだろうけど、それ、正解www

2曲目「進化の堕し仔」

泣きメロ度4 速さ3 カッコよさ3
またもや狙ってる感満載のタイトルだねぇ。「落とし子」とか、V系っぽくいくなら「落シ児」とかじゃダメなのかよ。
曲はちょっと遅めのエモいロックナンバー。

3曲目「雲の行方」

泣きメロ度3 速さ3 カッコよさ2
普通のエモいロックナンバー。暑苦しいね。今日は8月31日で夏の終わりらしく涼しいけどねぇ。
そういや週末台風来るってね...ってレビューしろや!ってw
だって興味ねぇんだもん、こんな曲www
サザンオールスターズとかチューブのレビューでもやろうかなぁw

4曲目「正しい言い訳」

泣きメロ度4 速さ4 カッコよさ4
おっとぉ?カッコいいぞ?このAメロの感じは秀逸じゃね?歌詞もなんだか狙ってる感あるけど、悪くないよ。
んー、Bメロでテンポダウンするのも我慢してやろう。サビ?Cメロ?でなんでドラムが頭打ちになるんだよ。アホ。
せっかく出だしカッコよかったのに、この展開のせいで、ラストでテンポを取り戻してももうダメね。残念!

5曲目「夢・幻・狂」

泣きメロ度2 速さ3 カッコよさ2
エモいミディアムな曲。メロコア的視点でこのバンドを聞いてる方は全然興味ないと思うよ、この展開は。早送り!

6曲目「無能である事の力」

泣きメロ度4 速さ4 カッコよさ4
んー、カッコいい始まりで来ましたよ。でも2曲前の例があるからなー。油断できないよ。
おー、一瞬怪しかったけど、Bメロも速いままクリアですね。
そしてサビ?転調したけど速さはキープ。いいよいいよ、ってそれで終わりなの?マジ?あり得ねぇよ。

7曲目「未完全論」

泣きメロ度4 速さ3- カッコよさ3
速いテンポのロックナンバー。タイトルソングらしくカッチリした正統派なエモいナンバーだね。メロディラインと歌詞だけ取り出したら、なんだか80年代J-ROCK、レベッカとかPSY・Sなんかみたいだね。
と思ったらなんでテンポ落とすのさ。「未完全の♪」とか言ってるけど、未完全だね。ダメだよこれじゃ。

8曲目「ねじれた位置」

泣きメロ度3 速さ4- カッコよさ3
速めのロックナンバーかと思ったらAメロ始まったらスピードアップ!コレだよコレコレ!カッコいいじゃん!
と思ったのも束の間、サビまでいい調子で突っ走ってきたのに、なんでサビで高速8ビートになるのさ。テンポ半分に落とすよりいいけどさぁ。
サビの後は今までみたいな遅いエモナンバーになって終わる。
「戒めを~♪戒めを~♪」って、戒めろよ!自己批判しろ自己批判www

9曲目「人に降る雨」

泣きメロ度4 速さ3 カッコよさ3
速めのロックナンバーだけど、Bメロからスネア頭打ちになってアレ?と思うが、なんとか取り戻す。
けどね、やっぱり最後でテンポダウンしてダサくなるんだよ。公式サイトの「よいメロディーで曲は短いほうがいいな」はどこいったの?てか短くないよねぇ。結構3分超えの曲あるしさ。

10曲目「あさっての方向」

泣きメロ度3 速さ3 カッコよさ3
何なんだろう。なんかシャウトしてるけど、全然カッコよくないんだけど。
そしてこの曲はなんで今までと違って、サビでテンポアップしてカッコよくなんの?そのテンポでずっとやれよ!
この曲に限らずだけどさぁ、メロコアから流れてきたリスナーって速い、短い、エモい、を期待してんじゃねーの?曲がりなりにもPIZZA OF DEATHでしょ?eastern youthとかから流れて来たリスナーだと、これじゃエモさが足りないだろうし。中途半端だよなぁ。

MELOCOREPUNK.COM管理人の感想

エモコアの先駆けとも言える?かな、もう解散してしまったけど、当時は知る人ぞ知るマニアックなパンクバンドとして存在した「MOGA THE \5」のセカンドアルバム。

なんだかもっとカッコよかった気がしたんだけど、思い出は美化されんのかね。改めてじっくり聞くと、あんまりカッコよくないし、速いテンポはそのままでエモく突っ走れば上出来なのに、いちいち狙ったエモさを出してきててダサいんだよね。
これはこのアルバム発売の2001年から15年以上経って、管理人が様々な音楽を聴いて耳が肥えたってのもあるのかもしれないけどさ。
もう1枚アルバム持ってるから、そっちはカッコいいのかもしれないけどね。

そういやこの時期のPIZZA OF DEATHって中途半端だった気がするなぁ。今もあんまりハイスタ以外はパッとしないけどさ。
やっぱりPIZZA OF DEATH初期に所属した、「HUSKING BEE」「SHERBET」が偉大だったんだなぁ。最初の衝撃が凄過ぎた。もちろんそこには時代背景もあったんだろうけど。

最初が凄過ぎると、勝手に自分でどんどんハードル上げていって、結局好みに合う物は見つからなくなる、まるで結婚できないアラフォーの恋愛と一緒ですね。

30代後半のメロコア世代の独身男性&女性のアナタ!いくら思い出バイアス補正がかかりまくっているとはいえ、やっぱり20代で付き合ってた彼氏、彼女達が一番良かったよなぁーって思う事ありません?

自分は30代も後半になって独身拗らせて、下がっていく己のスペックは棚に上げて理想ばっか大きくなって、相手に対してどんどんハードル上げてって。
現実は良いタマはさっさと売り切れて、自分が捨てた過去の人達はまだ賞味期限内なのに捨てちゃったもんだから誰かにさっさと拾われて幸せになってて、その幸せはもう自分には手に入れられなくて。
賞味期限内の物件は期限切れのコッチなんか見てくれるわけもなくて、残ってるのはもう賞味期限切れで、それでもその中で少ないパイを探し回ったって、上がったハードルを超えられるだけのお気に入りの物件なんて見つかるわけないよね。でもやっぱり夢みちゃうよね。って何の話だwww

メロコアもきっとそうなのかなー。あの頃夢中になってても、改めて聞くと思い出補正かかりまくりで実は大して良くなかった、とか...無いわ!ハイスタもシャーベットもBAD RELIGIONNUFANも今聞いたってカッコいいわ。
前言撤回!やっぱりMOGA THE \5を管理人は過大評価してただけですわ。でも他はカッコいいかもしれない。その一縷の望みをかけて、もう一枚、そのうちレビューするよ。

って話滅茶苦茶だね。すいませんw 何か一個前に書いたレビューもそうだけど、今日管理人トゲトゲしいな。なんでだろう?夏も終わりだからか?とうとうメンヘラ化したかwww

でもパンクとかメロコアが好きなんて人、多かれ少なかれメンヘラだよね?
だってなんかコンプレックスとかあって精神がちょっと歪んでて、他人が妬ましい、世間が妬ましい、色々ムカつくからパンクなんかに共感して聞いてるんであって、正常な人ならミスチルwとかスピッツとかのクソみてぇな恋愛ソングとか聞いてるもんねwww ぜってーそんなん聞かねぇけどな!

というわけで、エモいのが好きなら聞いてみても良いかと思いますが、もう解散しちゃってるし、無理して聞くこともないといった感じの「未完全論」でした!