V.A.「ROCK AGAINST BUSH VOL.1」のレビュー



タイトル:ROCK AGAINST BUSH VOL.1(ロック・アゲインスト・ブッシュ ボリューム1)

アーティスト:V.A.

概要

NOFXのファット・マイク氏が率いる「Fat Wreck Chords」より2004年4月20日にリリースされたコンピレーションアルバム。

もうタイトルと「DISSENT(異議)」と書かれたスタックアンプの前で耳を塞ぐブッシュ風のオッサンのイラストのジャケで何を言いたいのかは粗方想像は付くのですが、2004年のアメリカ大統領選挙前にリリースされ、当時のブッシュ候補の当選阻止を目論んだものだそうな。

ジャケ裏と中ジャケ1ページ冒頭には、

The bands on this comp have come together for one reason,and that's to express our outrage at ---and from a unified front against ---the dangerous,destructive,and deadly policies of George W.Bush and his administration.

って書いてあるんだよね。翻訳してみると、

このコンピレーションに参加してるバンドが集まった理由はたった一つさ。俺達の怒りをぶちまけるんだ…ピタリ一致した俺達の怒りを…そのジョージ W ブッシュとヤツの政権の、危険で、破壊的で、致命的な政策にな!(意訳多め)

って感じだろうね。

その後もブッシュは「The Bad President」だ、とか書いてあって、なんだかその後も税金がどうとか色々書いてあるから、まあ選挙前になるとよく出回る怪文章みたいなもんだろうね。もう面倒だから翻訳はしないけどさ。

いや2018年の今見ると、確かにブッシュ政権はヤバかったけど、トランプも中々面白い事になってるよね。しかし激しいなぁ。日本もさぁ、「安倍政治を許さない」とか生易しい事やってないで、こういうコンピ盤作ればぁ?まあ若者が右傾化してる今じゃ支持なんて集まらないだろうけどw

んじゃレビューです!

勝手なレビュー

1曲目「Nothing to Do When You're Locked in a Vacancy / None More Black」

泣きメロ度2 速さ3 カッコよさ3

なんかありがちな90年代風どっちつかずパンクロック、って感じ。微妙ですね。まあこのアルバム全部微妙なんだけどさ。まあ続けよう。

2曲目「Moron / Sum 41」

泣きメロ度5 速さ3 カッコよさ3

はいこれも有名バンドですが、微妙ですね。メロディは泣いてるんだけどね。
これでツタツタ2ビートだったらなぁ。まあSum41だからなぁ。エモいはエモいんだけどなぁ。

3曲目「Warbrain / Alkaline Trio」

泣きメロ度5 速さ3 カッコよさ3

政治的メッセージを打ち出す曲にありがちな何かの音声が入ってから曲が始まりますが、これもエモじゃねぇかよ!ブッシュ倒すんだろ?こんな生ぬるいエモだからブッシュ受かっちゃったんじゃねぇのかよw
まあ2004年だもんなぁ。こういうの全盛だったからなぁ。もう14年も前なのか。早ぇなぁ。

4曲目「Need More Time / Epoxies」

泣きメロ度3 速さ3 カッコよさ3

何だよ、イントロ「アジアの純真」かと思ったぞ?その後もTOM☆CATって言われたら信じちゃうようなピコピコ感あるけど大丈夫か?一応ドラムは8ビート打ってるけど、なんかスピード感無いなぁ。

5曲目「The School Of Assassins / Anti-Flag」

泣きメロ度3 速さ3 カッコよさ3

また大御所来たなぁ。オールドスクールパンクだねぇ。びみょ・・・いや大御所だから我慢しようw

6曲目「Sink, Florida, Sink (Electric) / Against Me!」

泣きメロ度2 速さ2 カッコよさ1

何だよコレよ。ヒッピーにでもなりてぇのかよ。これでブッシュに勝てると思ってんのかよw
アゲインスト・ミー?煽ってんのか?www早送り。

7曲目「Baghdad / The Offspring」

泣きメロ度3 速さ4- カッコよさ3

さあ有名どころまた来ましたよ。カッコ悪い方のオフスプリングだねぇ。でもここまで押しなべてクソだから、相対的にマシに感じるのが悲しいw

8曲目「Lion and the Lamb / The Get Up Kids」

泣きメロ度3 速さ2 カッコよさ1

あのさぁ。ゲットアップキッズに何も求めないけどさぁ、こんな眠い歌唄ってたらさぁ、ブッシュ勝っちゃうよ?あ、勝ってたか。

9曲目「Give It All / Rise Against」

泣きメロ度4 速さ3 カッコよさ4

まあ、比較的良いかなぁ。メロコアバンドだよねぇ、この人たち。っても前述のオフスプと一緒で、他がクソだから比較すると良く聞こえるってだけかも。コーラスは良いね。

10曲目「No (Wに禁止マーク) / Ministry」

泣きメロ度1 速さ5 カッコよさ2

何?クリスマスソング?あ、またこの手の始まり方なのね。大体曲名がパソコンじゃ表示できねぇんだよw
っておい!何だこのペラッペラなメタル風な音はwwwデスボも何か薄っすいなぁ。
あ、メタルバンドなのね、この人達。

11曲目「Sad State of Affairs / Descendents」

泣きメロ度3 速さ3 カッコよさ3

ちょいちょい大御所出てくんなw
ちょーーーっと!ディセンデンツさん!あなたには期待したんですけどwww
ふっつーのロックじゃないっすかw何キャッチーなリフかましてんすかw

12曲目「Revolution / Authority Zero」

泣きメロ度2 速さ3 カッコよさ2

なんだかありがちなポップパンクって感じだねぇ。はぁ。次いこうか。

13曲目「Paranoia! Cha-Cha-Cha / The Soviettes」

泣きメロ度3 速さ4 カッコよさ4

おー結構速めの8ビートだねぇ。せめてこれが最低ラインじゃね?今までヤル気なさすぎだろw本当はブッシュ支持なんじゃねぇの?って生温い曲ばっかでさぁ。はじめてスピード感にノレたわ。

14曲目「That's Progress / Jello Biafra with D.O.A.」

泣きメロ度3 速さ3 カッコよさ2

また変な声から入るパターンか。飽きるなぁ。そしてへんちくりんなリフからのまるで日本の90年代前半のV系みたいな入り方、そしてサイコビリー感あるナンバーへ。
まあ大した事ねぇよ。あんまり良くないね。

15曲目「Overcome (The Recapitulation) / RX Bandits」

泣きメロ度3 速さ1 カッコよさ1

あれ?俺レゲエのCD買ったっけ?って感じ。まあさぁ、レゲエは悪くねぇよ?それともスカなのかなぁ、コレ。わからん。ロックじゃねぇ事は確か。とにかく次、次!

16曲目「No Voice of Mine / Strung Out」

泣きメロ度4 速さ3 カッコよさ4

なんかやけにテクニカルなイントロだなぁ、と思ったら暑苦しい90年代パンクが炸裂してんなぁ、ってストラング・アウトさんでしたかw
サビは結構流麗な泣き泣きメロディで良いねぇ。でも展開がなんかカッコ良くねぇんだよなぁ。

17曲目「To the World / Strike Anywhere」

泣きメロ度3 速さ4- カッコよさ4

最初は何だかなぁ、だったけど途中からテンポアップ!メロコアちっくになりますよ!
ただ、中盤カッコ悪いデスボをはさみつつ、エモみたいにテンポダウンしてくっていうね。はぁ。次いこ。

18曲目「Heaven is Falling / The Ataris」

泣きメロ度3 速さ1 カッコよさ1

もうこういう入り方要らねぇよ。しかも何だよコレwラジカセでカセットテープにでも録音したんか?意味わかんねぇよwそういやアタリスってあんまカッコ良かったイメージ無いなぁ。

19曲目「God Save The USA / Pennywise」

泣きメロ度5 速さ4 カッコよさ5

キタキタキター!正統派!王道!コレだろうがよ!!ここまでこのアルバムは一体何をしてたんだよ!?やっとここでブッシュが耳を塞いだぞwww
泣きメロが良いじゃん良いじゃん!これはペニーワイズの中でも結構キレイに泣いてる曲だよね!
良いね。気分がアガってきたぞwww

20曲目「Normal Days / Denali」

泣きメロ度3 速さ2 カッコよさ1

何?前曲が良かったから落差ハンパねぇんだけど。

21曲目「The Expatriate Act / The World/Inferno Friendship Society」

泣きメロ度3 速さ2 カッコよさ2

んー。なんかもうここまでくるとレビューも面倒くさくなってきたぞ。ダサい。それだけ。

22曲目「No News is Good News / New Found Glory」

泣きメロ度2 速さ2 カッコよさ1

おーい、最初の声でズッコケたぞwww
まあニュー・ファウンド・グローリーだからしょうがねぇか。コイツらってなんでパンクのくくりなの?ポップだよねぇ?

23曲目「Basket of Snakes / The Frisk」

泣きメロ度2 速さ3 カッコよさ1

本当にこういうのカッコいいと思って作ってんのかなぁ。オフスプリングの失敗作って感じ。

24曲目「Jaw, Knee, Music / NOFX」

泣きメロ度5 速さ4 カッコよさ5

さあ御大、聴かせてくれよ?ここまで耳が腐りそうだよ。って気持ちを汲んでくれつつ、ここまでのクソにもチューニングを合わせたような、抑え目だけどカッコいいメロコアサウンドを聞かせてくれるぞ。さすが御大!切なめの泣きメロはNOFXの得意とする所だよなぁ。「フーウーウー」何てコーラスが入りつつフェードアウトで終わるとこなんか中々だなぁ。
しかしこのうねりまくりのベース、よく間違えねぇよなぁ。良き!

25曲目「It's the Law / Social Distortion」

泣きメロ度2 速さ4 カッコよさ4

大御所いらしてくれました!勿論外す事なく彼ららしいハードコアパンクサウンドを聞かせてくれますよ。
最後は俺が言わせてもらうぜ、って感じでしょうねぇwww

26曲目「The Brightest Bulb Has Burned Out / Less Than Jake with Billy Bragg」

泣きメロ度2 速さ1 カッコよさ1

さあ最後に何をしてるんでしょうか。そのままソーシャル・ディストーションで終わりにしてくれよ。コレボーナストラックか何か?だったら納得するけどさ。

MELOCOREPUNK.COM管理人の感想

さあ26曲聴いてきたけどさ、疲れたよ。だって泣きのメロコアサウンドは2つくらいで、あと全部クソなんだもん。だからブッシュの当選を許しちゃうんだよ。むしろ応援してんのかよwと。
ジャケットのイラスト差し替えるべきだよなぁ。ぜんぜん耳塞ぐような激しいナンバー無いもん。英語だから歌詞の内容は分かんないけどさ、エグイ事歌ってたとしても、このまったりさじゃなぁ。何が「LET'S BE PUNK ROCK AND CHANGE THE GOVERNMENT」だよ。パンクですらねぇよコンなん。アクトアゲインストエイズのミスチルと桑田佳祐の方がよっぽど良いぜ。

ってわけで、曲数のわりに微妙だし、そもそもメッセージ性なんて英語わかんないから理解できないし、あんまり買う必要ないよ、コレ。こんなんならダパンプのUSAも入れた方が良いなwww

はぁ。疲れた。最近パンクとか聞いてないんだけどさ、これトランプの時もやったのかなぁ。何かAirjam2018も終わったけどさ、イマイチ盛り上がんないよねぇ、パンクに限らず音楽業界全体がさ。

ってわけでこのレビューも更新頻度が落ちまくりですいません。もっと頑張りますからね。今後ともヨロシクです!