「 FAT WRECK CHORDS 」一覧

スポンサーリンク
スポンサードリンク




NO USE FOR A NAME「The feel good record of the year」のレビュー

NO USE FOR A NAME「The feel good record of the year」のレビュー

2012年に、フロントマンのトニー・スライの突然の死亡により解散してしまった、当時大人気を誇り、今でも熱烈なファンが多いメロコアパンクバンド「NO USE FOR A NAME」(略称:NUFAN)の8枚目のアルバム。2008年4月1日、「NOFX」の「ファット・マイク」氏率いるレーベル、「FAT WRECK CHORDS」よりリリース。

TILT「COLLECT ’EM ALL」のレビュー

TILT「COLLECT ’EM ALL」のレビュー

あんまり情報の無いバンドなんだけど、なぜ管理人が当時これを買って持っていたのか覚えてない。ファットレックだから、メロコアだと思って買ったんだろうなぁ。 リードボーカルのシンダー・ブロック氏はこの手のハードコア系パンクバンドには珍しい女性ボーカルであり

GOOD RIDDANCE「Operation Phoenix」のレビュー

GOOD RIDDANCE「Operation Phoenix」のレビュー

アルバムタイトルのオペレーション・フェニックス、日本では「フェニックス作戦」と呼ばれ、ベトナム戦争中の1968年から1971年にかけて、「ベトナム民族解放戦線」いわゆる「ベトコン」を殲滅する目的でアメリカのCIAが主導し、米軍と現地ベトナム人で結成された組織が行い、

Hi-STANDARD「GROWING UP」のレビュー

Hi-STANDARD「GROWING UP」のレビュー

言わずと知れた日本のメロコアの草分け的存在、「Hi-STANDARD」、通称:ハイスタの記念すべき1stフルアルバム。国内版はTOY'S FACTORYから1995年11月1日に、海外版はFAT WRECK CHORDSから1996年2月13日にリリース。国内版とファットレック版では、ジャケット、曲順、収録曲が違っている。

NO USE FOR A NAME「Making Friends」のレビュー

NO USE FOR A NAME「Making Friends」のレビュー

カリフォルニアのメロコアバンド「NO USE FOR A NAME」の5作目のアルバム。1997年8月26日にNOFXのファット・マイク氏が共同オーナーを務める「FAT WRECK CHORDS」よりリリース。言わずと知れた日本人好みの泣きのメロコアバンドである彼らの、正にメロコアブーム真っ只中だった時代のアルバム。

STRUNG OUT「Crossroads and Illusions」のレビュー

STRUNG OUT「Crossroads and Illusions」のレビュー

カリフォルニアのパンクバンド「STRUNG OUT」の1998年4月7日にFat Wreck Chordsよりリリースされた5曲入りマキシシングル(EP)。Fat Wreck Chords契約第1号バンドでもある彼らだが、メタルを感じさせるような激しいギターサウンドとテクニックで、メロコアの枠に収まりきらないサウンドは

SNUFF「DEMMAMUSSABEBONK」のレビュー

SNUFF「DEMMAMUSSABEBONK」のレビュー

まず「DEMMA」って何?ってググったら、「電マ」とgoogleさん勘違いしたらしく、エロだのデリヘルだののページを検索結果に出していただきましたよw 結局何て読むのかわかんないんだけと、デムナ・ムーサ・ビー・ボンクに分けられるみたいだからそれでいいよね?