NICOTINE「....Will Kill You!!!」のレビュー



タイトル:....Will Kill You!!!(ウィル キル ユー)

アーティスト:NICOTINE(ニコチン)

概要

ポストハイスタとも言える、メロコアブーム後半から終焉までを支えた「NICOTINE」の2ndアルバム。もちろん2017年現在も活動中。全編に渡りキャッチーなメロコアナンバーが目白押し。
自身が主宰する「SKY RECORDS」から1998年9月1日にリリース。翌年にはメジャーデビューするため、インディーズ最後のアルバムとなっている。
アメリカ帰りのため、曲の雰囲気や英語の発音、歌いまわしが向こうっぽい。メロコア帰国子女である。
メジャーデビュー後はいわゆる青春パンク世代からの支持も集め大人気となったが、メロコアキッズ世代はこのアルバムまでがニコチンのイメージだろう。

勝手なレビュー

1曲目「AMNESIA」

泣きメロ度5 速さ5 カッコよさ5
メタルを思わせるようなリフから始まるメロコアナンバー。ニコチンらしいクセのある声と泣きのメロディがチョーヤバイ!文句なしにカッコいい!当レビューサイト初のオール5!

2曲目「HIGH DIVE」

泣きメロ度5 速さ5 カッコよさ5
1曲目から間髪入れずに始まるこれまたクールなメロコアナンバー!BAD RELIGIONを思わせるような安定した深いコーラスが秀逸。これもチョーカッコいい!ちょっと長めな3分だが、その長さ全編をツタツタビートで突っ走るのでキモチイィ!コチラもオール5を付けざるを得ない!

3曲目「I WANNNA BE」

泣きメロ度3 速さ4 カッコよさ4
一見、結構な高速メロコアナンバーに聞こえるも、サビでテンポダウン。後半はアメコミのサウンドトラックのような変な遊びが入り、ツタツタビートのラストで締める。メロコアって言えばメロコアだがあまりカッコよくはない。

4曲目「L.S.D」

泣きメロ度4 速さ5 カッコよさ4
まだまだ続く高速メロコアナンバー!サビはキャッチーで悪くはないが、フラットな楽器隊の展開があまりグッとこない。決して悪くないが、1、2曲目が良すぎたな。

5曲目「THANK YOU FOR BEING THERE」

泣きメロ度4 速さ3 カッコよさ3
またもや前曲からギャップ無しで始まるが、今度は高速メロコアナンバーではなくちょっと早めなミディアムナンバー。メロディは決して悪くないので、メロコアで作ってくれれば良かったのに。と思ってしまう。次の曲の影響なのか、これもなんだかどっかのポップスのカバーなんじゃないかと思う位、曲としては良曲。

6曲目「I JUST CALLED TO SAY I LOVE」

泣きメロ度3 速さ4 カッコよさ4
スティービーワンダーの1984年の大ヒット曲のメロコアカバー。スカちっくなギターも織り交ぜられ、カッコいいカバーとなっている。

7曲目「MY DAILY MOTIVE」

泣きメロ度1 速さ1 カッコよさ1
前作「HOLA AMIGO!」に収録されていたメロコアナンバーを何故かアコースティックギターの弾き語りで、大勢の子供と一緒に歌うというよくわからないセルフカバー。「シーユートゥモロー、バイ」と言って終わる。意味不明w

MELOCOREPUNK.COM管理人の感想

7曲という短い尺の中にも初期ニコチンの良さがにじみ出る2ndアルバム。7曲のうち1曲はカバー、1曲はおふざけなので、実質ミニアルバムと考えてもらっていいのかもしれない。
この後第1次メロコアブームの衰退もなんのその、メジャーデビューを果たしヒットを連発するなどその知名度をグングン上げていったのは周知の事実。現在も現役で活躍する、そんなニコチンの初期を知る意味でも貴重な1枚!